竹内 彰
TAKEUCHI AKIRA
経歴
昭和24年  新潟県上越市に生まれる
平成10年  独学で蔓細工を始める
平成12年  蔓籠作りを始める
平成20年  日本工芸館主催50回日本民芸公募展 
「波網代小物入れ」で優秀賞を受賞する
平成21年  新潟県小学校教員を定年退職する
日本工芸館主催 51回日本民 芸公募展 
「連続桝網代編み胡桃籠」で特別賞(厚生労働大臣賞)を受賞する



本職(教職・2009年定年退職)の傍ら、かごを編み始めて15年以上のキャリアをお持ちの竹内さん。
日本民芸公募展で優秀賞や厚生労働大臣賞などを次々と受賞されています。
その実力は実物のかごを手に取っていただければお分かりになるでしょう。

毎年夏の期間は来年や再来年に作る山ぶどうの蔓を収穫しに山に入り、その蔓を大事に乾燥させてひごを作ります。そのひごはとても細く滑らかで、かごや小物入れなどに緻密に繊細に編み込まれていきます。
その編み方は網代編みだけでなく片流れや楕円形、亀甲編みや花結びなどいろんな手法で私たちの目を 豊かに、そして楽しませてくれます。
また竹内さんのかごは民芸運動を推進した柳宗悦の言葉「美は生活の中にある」=「実用の美」という思想に影響を受け、とても丈夫に作られています。(竹内さんの口癖は「丈夫でないとダメですから」です、笑)

また「芸術家は名前を残し、職人は品物を残す」という柳宗悦の思想を汲み「名より作品を語り継いで欲しい」と、黙々と良品を世に送り出す竹内さんの姿勢が伺われます。
一つは手元に置いておきたいと思わせる「雪の越後の手提げかご」
予約を承ります。
納期は2018年春以降となります。(先着順です)
じっくりご検討いただけたら、と思います。
作品はトップページ画像よりお入りください。